アマゾンで出品するために最低限知っておくべきこと

どうも~~ ♪
アラフィフ&子育てシングルマザーのnobuです。

前回の記事で、「アマゾン在宅せどり」を実践するための準備編として、
「せどりのために用意するもの」についてお話させていただきました。

⇒ 前回の記事はこちら

そもそも「アマゾン在宅せどり」って何?という方は、

⇒ こちらの記事からどうぞ

私は、この「アマゾン在宅せどり」で、「月10万円」を稼いでいます。

今回は、準備編その2、
アマゾンで出品するために知っておくべきことや、
出品者としての登録方法について、お伝えしますね。

意外と知らない!アマゾン商品ページの見方

まずは「アマゾン在宅せどり」の販売の場、
少しわかりにくいアマゾン商品ページの見方について。

アマゾンで出品したら、
果たしてどういうふうに商品と自分のショップが掲載されるのか、
自分以外のショップ、いわゆるライバルとなるショップはどこに掲載されているのか、
アマゾンを利用する購入者さんは、どこを見て購入されているのか、
など知っておく必要があります。

なので出品する際の必要部分に関して、
できるだけわかりやすくお伝えしていきますね。

まずは以下のリンクより、アマゾンの商品ページをご覧ください。

⇒ アマゾン商品ページはこちらから

それでは、画像で説明しますね。

画像の赤丸部分は、
通常アマゾンに在庫がある場合は「Amazon.co.jp」と表示されますが、
アマゾンに在庫がない場合は、
出品しているショップ名が表示されます。
そして画像のように、
商品ページを開いたときにショップ名が表示されている状態のことを
カートの取得といいます。

カートを取得できると、
購入者は「カートに入れる」ボタンで購入できますので、
売れやすくなります。

カートの取得に関して、
・価格が安い
・評価が高い
・出品数
などで取得しやすくなるようですが、
今のところ確実な方法は公表されていません。
カートを取得しているショップの商品が売れたことがきっかけだったり、
時間ごとでも取得するショップの表示が変わります。

また、その他のショップは、
下図の赤丸部分のように商品ページ右側下に3件まで表示され、
さらに緑丸部分をクリックすると
その商品を出品しているすべてのショップが
新品と中古品それぞれ別ページにて表示されます。

下記の画像の緑丸部分「新品の出品:13」「中古品の出品:1」とは、
新品で出品しているショップが13件、
中古品で出品しているショップが1件という表示になります。

↓ 「新品の出品」緑丸をクリックすると、、、

ここでは、出品しているショップの評価や商品のコンディションも確認することができます。
価格の下にある配送料の表示で「通常配送無料」の表示があるショップは、
アマゾンのFBAからの配送となります。
(FBAの利用については、これより下の記事をご覧ください。)
それ以外は自己配送されているショップになります。

※それぞれのショップ名をクリックすると、
そのショップが出品している商品の一覧をみることもできます。

アマゾンでは、あらゆる商品が販売されています。
実際にどういう商品が、
どんなショップで、
どういうふうに出品されているのかというところを知るためにも、
いろいろ検索しながら、アマゾンのページの仕組みを見回ってみてくださいね!

アマゾンで出品するには、、、FBAって何?

毎日なにかと忙しいあなたが、「アマゾン在宅せどり」を実践するために(*^-^*)

次は、仕入れた商品を売る場所、アマゾンの出品者登録の方法を解説しますね♪

アマゾンの出品者として登録する際、
「大口出品」と「小口出品」という登録方法があります。

まずはその「大口出品」と「小口出品」が選択できるページまでいってみましょう!

 アマゾンのページ一番下までスクロールしたところにある、
アマゾンで売る」をクリック。

クリックすると、、、

↓このページを下にスクロールすると、、、「大口出品」と「小口出品」の選択ができます。

※登録に際し、クレジットカード、売上を受け取るための銀行口座、本人確認情報(住所・電話番号)を用意しておきましょう!

どちらかを選んでクリックすると、それぞれの登録画面になります。

・「大口出品」・・・月額4.900円(税抜)+ 販売手数料(売れた商品代金の2割程度)

・「小口出品」・・・商品1点ごとに100円の成約料 + 販売手数料(売れた商品代金の2割程度)

いきなり、大口出品なんて、、、

月4.900円かかるなんて、、、

不安だなぁ、、、

という方のために、
「大口出品」と「小口出品」を比較してみました!

大口出品では、月額料金はかかりますが、
・お客様の決済方法に「代引」「コンビニ決済」「Edy」が使える
・各種データ分析レポートを取得できる
・ショッピングカートボックスの獲得率が高い
などメリットは多々あります。

ということは、、、

小口出品では、商品が売れたときに成約料として1点につき100円かかりますね。
さらに、、、
・お客様の決済方法に「代引」「コンビニ決済」「Edy」が使えない
・各種データ分析レポートを取得できない
・ショッピングカートボックスの獲得率が低い
というデメリットがあるということに、、、

 

何より、
「ショッピングカートボックスの獲得率が低い」これがイタイですね。
出品してもなかなか売れない、、、これでは意味がないので(-_-;)

大口=月4.900円、小口=1商品につき100円なので、
月50商品以上売る場合は、「大口出品」での登録をおすすめします。

・・・

それでも、、、やっぱり不安!

まだ「アマゾン在宅せどり」を続けてやっていくかどうか?も決まってない状態だから、
まずは小口出品でやってみたい…
ということであれば、もちろんそれでもOK!

やれる自信がついてから、という方の
小口⇒大口の変更もボタンひとつで簡単にできますので、ご心配なく~~

※大口⇒小口の変更も、同じくボタンひとつで簡単にできます。

==========☆★☆==========

そして、売上金について♪
2週間に一度、売れた代金からアマゾンの手数料を引かれた金額で
自分の銀行口座に振り込みがあります\(^o^)/

1ヵ月に一度ではなく、2週間に一度なんです♪

だんだん仕入れの量が多くなってきて、
その仕入れの支払いをクレジットカードで行っている場合は、
このサイクルで入金があると、やはり助かります♪

FBA(フルフィルメント by Amazon)を利用するメリット

大口か小口出品かを選んだら、
さらにFBA(フルフィルメント by Amazon)のサービスを利用することができます。

こちらの登録方法もご説明しますね。

先ほどの出品者登録同様、アマゾンのページ一番下までスクロールし、
フルフィルメント by Amazon」をクリック。

下のようなページにとびます。「FBAに登録する」をクリック。

↓下のようなページに。

フルフィルメント by Amazon規約を確認後、赤丸にチェック。
フルフィルメント by Amazonの利用を開始する」をクリック。

以上で利用開始可能となります。

FBAを利用すると、
出品者は、仕入れた商品を登録 → 納品時にラベルを貼り付け → アマゾンの倉庫に
という流れになり、以降はFBAが代行してくれます。

また、
・2.000円以上で通常配送無料
・アマゾンで販売する商品と同じ決済方法が選べる
という購入者にもメリットがあります。

出品者は、
上記の販売手数料に加え、FBA料金(保管手数料+配送代行手数料)がかかりますが、
・商品が売れたら、アマゾンが発送してくれる
・お客様とのやりとりをアマゾンに任せられる
・アマゾンの倉庫に商品を保管し、管理してもらえる
・仕入れに集中できる
・アマゾンからの発送ということで、購入者側の安心度が高まる
など、大きなメリットがあります。

なので、アマゾンで販売するなら、FBAを利用することをおすすめします。

==========☆★☆==========

まずは、アマゾン出品者登録から。

新しい一歩を踏み出すことって、案外エネルギーを使うものですよね。
でも、、、この一歩が、あなたの今を変える、
そして将来を変える大きな一歩となりますように(^-^)

登録も簡単!アマゾンに出品してみよう!

アマゾンで出品者登録完了後、
仕入れた商品をセラーセントラルに出品登録ができるようになります。
次は、その登録方法について解説しますね。

また、登録か~~~~~って?

ですね、確かに(^-^)

でも、
ネットを使ってビジネスを行うということは、
つまりネットに働いてもらうということなんです。
24時間休まず動いてもらうために、
仕組みをネット上に置いておきます。
その仕組みのひとつが登録という作業になります。

話を戻して、、、っと。

そもそもセラーセントラルとは、、、
アマゾン出品者用アカウントのための管理画面のことです。
出品登録、在庫管理、注文管理、売上分析、アマゾンへの問い合わせなどなど
アマゾンで出品するにあたり、必要なことを網羅している画面になります。

それでは、
いよいよセラーセントラルで商品の出品登録方法につきまして、、、

セラーセントラルのトップページから、
在庫」を選び、プルダウンメニューから「商品登録」をクリック。

「商品を1点ずつ登録する」の検索窓に
商品名、型番、JANコード(※)のいずれかを入力後、「検索」をクリック。

まれにありますが、、、ヒットしない場合は、
まだ商品ページのないアマゾン未登録の商品になります。

出品したい商品を見つけたら「出品する」をクリック。

商品登録のページにとびます。↓

出品者SKU・・・商品管理ID。英数字で入力します。
コンディション・・・新品・中古ほぼ新品・中古非常に良い・中古良い・中古可から選択。
コンディション説明・・・配送方法や決済方法など購入にまつわる情報のほか、中古商品の場合は、特に詳しく状態を記載します。意外に見られている場所ですので、しっかり記載しましょう。
販売価格・・・FBAを利用して販売する場合は、同じくFBAを利用しているショップの価格を参考に価格設定をします。
フルフィルメントチャンネル・・・自分で発送、もしくはFBA利用のどちらかをラジオボタンで選択。
入力したら「保存して終了」をクリック。

以上で登録は完了です。
セラーセントラルの「在庫」→「在庫管理」をクリックすると、
登録した商品の一覧が表示されます。

==========☆★☆==========

はじめて登録するときって、、、ドキドキしますね。
わかります、わかりますよ~~~~(^^;)
私もはじめてアマゾンに出品者登録、FBA利用の登録、アマゾンセラーセントラル画面での出品登録とすすめていったときは、
ひとつひとつの項目をガン見しながら
かなり時間をかけた気がします。

でもね、こんな緊張感も最初のうちだけ。
慣れてくれば、なんてことない作業です(^_^)v

また商品の出品登録は、これから新しい商品を仕入れる度に行う作業になります。

慣れてきたら、、、
せどりはスピードが勝負でもありますので、
仕入れた商品は、ためこまずにその日のうちにどんどん登録しておきましょう!

登録に際し、わからないことなどあれば、
コメント、もしくはお問い合わせページより
お知らせくださいね。
わからない部分について追記させていただきます(^^)

そして次回は、いよいよ仕入先についてお伝えします。
せどりは基本、どこで仕入れてもかまわないのですが、
「アマゾン在宅せどり」に適した仕入先、
つまり自宅で完結できる仕入先をご紹介しますね。

※JANコードとは、バーコードの下部に表示されている13桁の数字のこと。