アマゾンせどりの攻略法☆売り方次第で売れ行きが変わる!仕入れた商品の値付け

こんにちは~♪

アラフィフ主婦・子育てシングルマザーのnobuです(*^^*)

北海道の田舎でもできた!!自宅で完結できる「アマゾン在宅せどり」で
月10万円を稼ぐ方法をお伝えします。

そもそも「アマゾン在宅せどり」って何?という方は

こちらからどうぞ

値付けに深~く関わるモノレートの見方の記事は

こちらからどうぞ

=========☆★☆==========

今回は、
誰もが悩む「仕入れた商品の値付け」についてお伝えしていきます。

あくまでもFBAを利用しているという前提で解説しますね。

基本的に値付けは、

・仕入れ値

・モノレート

・アマゾンサイトで他の出品者の状況

を確認しながら決めていきます。

新品商品の値付けは、ライバルの動きに着目する

FBAを利用している出品者の最安値にあわせる。

ライバルは同じくFBA利用している出品者です。
その最安値にあわせていくと自然と売れます。

仮にそれ以上に安い価格で自己出品されている出品者がいても、
こちらはライバルではないので、
そこに価格を合わせる必要はありません。

なんで?、、、、、、って?

アマゾンから買う、
アマゾンだから買う、
という認識の方をターゲットとしているため。

要するに購入者様は、
FBAを利用している出品者から購入すると、

アマゾンの送料設定や支払方法で購入し、
アマゾンの梱包
そしてアマゾンのダンボールで商品を受け取ることができます。

余談ですが、、、

出品する際、屋号(お店の名前)をつけますが、
その屋号では集客できないからというのも
FBAを利用する理由のひとつになりますね。

仮に集客できるならば、
アマゾンで出品していても、
FBA、つまりアマゾンの看板を借りる必要はないワケです。

アマゾンの看板を掲げて集客、そして売ることができる、
これがアマゾンせどりでFBAを利用する最大のメリットなんですよね。

なので
アマゾンから買いたいと考えている購入者をターゲットとする
FBAを利用している出品者が
必然的にライバルとなるんです。

というワケで、
値付けもFBAを利用している出品者のなかの
最安値に合わせていきます。

まれに極端に安い価格で出品されている
FBA利用の出品者に出会うことも。

この場合は、
まずは、自分がその極端に安い価格に合わせられるのかを
仕入れ値を振り返り確認します。

あわせることができると判断した場合、
安い価格で出品している出品者が、
その商品をいくつもっているかを確認します。
同時に出品者の評価も参考にしましょう。

確認方法は、、、

アマゾンの商品ページ「新品の出品」をクリック。

新品出品者の一覧ページへ。
在庫数を確認したい出品者の屋号をクリック。

クリックした屋号の商品一覧ページへ。
その中から在庫を確認したい商品をクリック。

在庫の数がわかりました!

例えば、、、
極端に安い価格で出品されているFBA利用の出品者の在庫が、

【1点のみの場合】

・同じく最安値に

・次に売れるよう最安値の次に安い価格設定をしている出品者にあわせる

【複数もっている場合】

・もっと安い価格で売り抜ける

・納品を見送り、様子をみる

ということになるかと思いますが、
これもケースバイケース。
モノレートで売れるサイクルや
その商品が今までに売れた価格も確認しながら判断します。

極端に安い価格にあわせられない場合

・次に安い価格設定をしているFBA利用の出品者にあわせる

・納品を見送り、様子をみる

要するに自分が売りたい価格になるまで待つ、
ということになりますね。

その商品の売れるサイクルにもよりますが、
極端に安い価格でたくさん出品されていた場合、
もうその時点で市場に商品があふれているということになります。

そこから価格が回復する見込みは難しい場合が多いと判断し、
仮に赤字でも、
もっと安い価格で売り抜けてしまうのも手ですね。

・・・赤字でも?、、、、と思いましたか???

出品した以上は早く売る

できるだけ早く売る工夫をする。

思った価格で売れないと判断したら、
執着しない

ココがポイント♪

次の仕入れに向かえるよう早々に手放して現金化するんです。

つい価格が戻ることを期待してしまうんですが、
相場というのは、
そんな思いでどうこうなるものではないんですよね。

ま、これも必ずこうなるというものでもないので、
もちろん断言はできませんが、
流れをみてきた経験から(^^)

バッサリ切り捨てて次に向かう、
これが得策です。

アマゾンが販売している場合

やはりアマゾンが最強ですので、
確実にアマゾンよりも安い価格設定をします。
ただし、それを見たアマゾンがさらに価格を下げてくることもあります。

もしくは、アマゾンの在庫がすべて売れるのを待つ。

また、アマゾンの在庫は
たくさんもっている場合がほとんどです。

アマゾンの在庫がなくなるまで、
自分には順番はまわってこないと判断し、
保管手数料を考えて一旦返送ということも
考えに入れておくとよいかもしれません。

極端に高い価格設定の出品者しかいない場合

これは「俺様価格」という
自分都合の価格設定をされている出品者ですので、
ここに価格を合わせても売れません。

なので、モノレートで今までに実際に売れた価格を確認し、
基本的には直近で売れた価格に設定しておきます。

FBA利用の出品者がいない場合

モノレートでは、
FBAを利用した出品者から売れたかどうかまでは確認できませんが、
基本的にはモノレート上にて直近で売れた価格に設定しておきます。

いずれの方法も、ケースバイケースですので、
絶対にこうすれば売れると断言できるものではありません。

コツコツと経験を積むことで、
微妙な感覚を身につけていくというのが、
結果的に近道になります。

ただひとつだけ、、、
せどりは、言ってみればオールジャンル実践可能ですが、
初心者であればあるほど、

売るための商品を絞る。

そして深くその商品を知っていく。

そうすることで、
その商品の価格の動き方や、
ジャンルによっては、今現在の市場にある商品量から、
これからの価格の動きを予測することも可能になります。

最後の最後に、ちょっと上級編でしたね~~~~~

せどりは、簡単に言えば、
他人の商品を売るのですから、
新品の場合は、
まずは「商品を知ること」。

いつから販売されて、
価格はどう動いてきたのか、
商品の量は?
出品者の数は?
などモノレートを分析するだけでも
知ることができる内容はたくさんあります。

そして、
うまく売ることができるようになったら、
あとは応用すればいいんです♪

オンリーワンを売る!中古品の値付け

中古品は、モノレートで売れた日と価格を
確認することはできますが、
それがどの状態(ほぼ新品・非常に良い・良い・可)だったか
というところまではわかりません。

なので、
中古品でも売れる商品なのかどうか、
売れるならそのサイクルは?
というところを確認するのがモノレートの役割になります。

次に、
ほぼ新品・非常に良い・良い・可の
どこの状態で出品していくのかを確認します。

アマゾンのコンディションガイドラインをご覧ください。

このガイドラインに沿った内容で出品します。

いよいよ値付けになりますが、そのまえに、、、

中古品の場合は、
基本同じ条件の商品はないということを前提に考えます。

さらに
ダメージがある、それさえも個性のひとつと考えましょう。

そのダメージは伝えておかなければいけませんが、

その他の部分しか使わない人もいます。

なかには部品だけほしい人もいます。

様々な需要に自分の商品をいち早く発見してもらえるよう、
詳細情報はしっかりと記載しましょう。

商品の詳細情報の記載について、、、

中古品の場合は、
購入者様は商品の詳しい状態を必ず確認しています。

商品の詳細情報、
つまりコンディションの記載が
購入に結びつく要素が大きいというのが
新品と違うところですね。

どこで確認できるかというと、、、

商品ページから「中古品の商品」をクリック。

中古品の出品者一覧ページで確認できます。

こちらの記載方法は、セラーセントラルにて商品を登録時に記載します。
また、ダメージ部分の画像を用意して掲載するとより良いですね。

そしていよいよ値付けをします。

当然ですが、新品よりも価格が高いと売れません。

ですので、「ほぼ新品」で出品可能な商品は、
売りたい価格よりも、
自分だったらどのくらい新品よりも安かったら購入するのか、
という新品との価格差をシビアに考えていくとよいですね。

非常に良い・良い・可の商品は、
同じ状態の商品が出品されていれば、
その詳細を確認して値付けします。

中古品の場合、購入する側からすれば
商品詳細の内容が非常に重要となりますので、
前述のように、
欠品の有無、ダメージの箇所など
しっかりと記載しましょう。

自分でリサイクルショップで購入するときに
欲しい情報を考えてみるとよいかもしれません。

=========☆★☆==========

いかがでしたか?

値付けに関しては、
これこそ、経験があっての判断になりますね。

なおかつ、
経験の有無に関わらず、常に成功と失敗は混在します。

なので正解はないのです。
いかにして失敗のリスクを減らしていくか、
というところに意識をおくと、
自然とトータルでの利益を守ることができるようになります。

あまり考えすぎず、
とにかく様々なパターンを知るために、
どんどん経験を積んでいくようにしましょう!

次回は
「ヤフオク・メルカリ以外の仕入れ先について」お伝えします。

お楽しみに~~~~♪

P.S.

この部分をもうちょっと具体的に説明してほしい、、、とか、
こういう場合はどうなんだろう、、、など。

nobuにご質問やご相談などありましたら、
どうぞ遠慮なくお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちらから