心について考える本から思うこと

『ワルい心理学テスト』という本。
中学生の息子が購入してきました。
ブラッキーな表紙で、悪用厳禁とか。
怖いもの見たさに、ついつい手にとりたくなる気持ちもわかるなー

あなたの本質を確認、、、
他人の本性を暴く、、、
なるほど~~~
心について考える本かな。

心理学とか、占いとか。
大好きだけど、
私は良いこと、都合のいいことしか信じない派。
「だよね~~~♪」って。
そして、そっけない対応をされることはわかっちゃいるけど、
一応、子どもたちに自慢しとく。

悪いことが書いてあると、
「んなワケあるかっ!!」と、ひとこと言って、
見なかったことにするか、
もしくは、忘れる(^-^)

今日の最下位は、、、、、、、、獅子座!
とか、朝一番で見てしまった日は、
「今日はころばないように気を付けよう」とか
とりあえず自分に言いきかせてみたりして。
そしてすぐ忘れる(^-^)

結局、良くても悪くても、
左右されることはないけど、
無理矢理あてはめて、勝手に納得しているときもあるかなー

でもひとつだけ。
結婚してからの苗字が変わった私の名前。
これだけはどこで何回占っても「凶」とでる・・・

そして現在、シングルマザー予備軍となる・・・

占いやら、運勢やら
、、、あなどれないものもあるのかも、、、しれません(^^;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする