良い時も、そうでもない時も、イメージの鍵を握るのは「言葉の力」

スピード違反でつかまってしまった、、、
いつものところで。
、、、って言っても、いつもつかまってるわけではなくて
うかつにも、いつも取り締まりをしているところで。

このポイントって、
取り締まりをしているときは、
対向車線の人が、たどり着く前に合図して教えてくれる。
でも今日は運悪く対向車がいなかった、、、

しかも、、、
猛スピードではないのに、取り締まる・・・
機械に数値が出たとか。
北海道ならではの全然人気のない緑だらけの広~い道で、
ちょいとだけ速度オーバーしていたらしい。
「12,000円です」って
ん~~~なーんか納得いかないな。

納得できないって言ったら、
法律ですから、、、って。

じゃ、なんで
猛スピードを出す車の多い
暗い時間帯は取り締まりをやらないのかって聞いたら、
夜中はやらない、、、って。

なんで、雪のある季節はやらないのかって聞いたら、
スベるから、、、って。

そして、
私たちも仕事ですから、、、って。
ま、警察官も仕事だしね。
・・・けど、この場合、
仕事だよね???とも思っちゃうな。

なんだかなー
違反したことには変わりないけど、
どうせなら、もうちょいと上手にかわせる警察官につかまりたかったな。

本気で安全のためだというなら、
24時間体制にすべきだし、
警察官が足りないと言うなら、
スピードを測定する機械の性能を上げて、
量産する方向にもっていけばいい。

今日みたいな場面を経験しちゃうと、
人間力からなる言葉の力って大事だな~と思う。
「仕事」というならば、、、なおのこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする