「メモ」の威力で、記憶力をカバー

コンピューターの頭脳が欲しい~~~
クリックでファイルが出現して、保存♪
名前つけてネット上に保存しておけば、いつでもどこでも引き出せる。
人間の頭脳も身体のどこかのスイッチ押したら、
永久に記憶できるつくりだったらいいのにな。
記憶しておこう→記憶したはず→そんなことあったっけ???
って、最近の私の頭脳はどうしても忘れたがる。
大事なことでも記憶のお部屋にいれないつもりでいるらしい。

なので、頭脳はあてにしないということで、
ひたすら「メモ」をとることにしました。
ノートに。
なぐり書きで。
あ、そーだっ!と思った瞬間にメモ。
本を読んでて、なるほど~と思ったら即メモ。
運転しているときにひらめいたら、赤信号でメモ。

ホントはiphoneにいれて常に持ち歩けばいいんじゃない?と思ったけど、
慣れない分、かえって手間で、
あとでまとめて入れておこうということになり、
結果忘れるとか、面倒とか。
逆効果に、、、

アナログながら、このメモのおかげで、
何事も、なんだっけ?って思い出す時間がなくなりました。
そして、一日にできることの量が増えました。

例えば家のなかの、あそこのネジが外れてるとか。
ここがこうだったらもっと便利とか。
メモが目にはいる度に、いちいち思い出すから、
どんどん直したり、改善できたり。

今さらながら、、、メモの威力だわー

これはもっと早くから習慣づけておくべきだったかも。
特に頭脳を疑い始めたら、「メモ」おすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする