ハロウィンで思い出した「魔女」

近頃、雑貨屋さんや100円ショップに行くと、
ところ狭しとディスプレイされた入り口には、
オレンジ&ブラック。
そして、かぼちゃ&おばけ&魔女。
もうすぐハロウィン♪

そもそもハロウィンって、
アラフィフ世代が子どもの頃には
こんなにクローズアップされてなかったな。

秋田県のなまはげさんの
「悪い子はいねぇが~~~!」のお子さまバージョン。
「お菓子をくれないとイタズラしちゃうよ~!」って
子どもたちが近所の家をまわるイベント。

我が家では、イベントに参加する機会はなく、
もっぱらハロウィンシリーズのお菓子を並べて喜んでいる、、、程度だな~

そういえば、子どもたちがまだ小さかった頃、
「なんでわかるの?」っていう子どもたちの疑問に、
「だってママは、魔女だから♪」って
たいした意味もなく答えていたら、
ある日、息子が
「うちのママはねー、魔女なんだよ~」って
幼稚園で言いまわっていたっけ。
それからというもの、
幼稚園に送迎するたんびにお友達たちに
「魔女だ~~~!!」って。
子どもって、、、
忘れていいよってことに限って
いつまでも覚えているものなんだよなー
先生方やママ友たちも、いいかげん苦笑してるという。
自分で種まいたんだけどね・・・
若干、イタイ思い出です(^^;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする