気持ち次第で変えられること ~日常を見直すきっかけ

こんにちは、nobuです。
ご訪問ありがとうございます!
今日も「アラフィフ・シングルマザーのすすむべき道」についてお伝えしますね。

**********************

足をひきずって帰ってきた中学生の息子。
部活で階段を上り下りしながら走っていた時、足をくじいたらしい。
「なんか、、、グギッてへんな音したんだよね」って。
・・・腫れてる。

普段から動きの多さのわりには、ケガの少ない息子。
今回は珍しくも、、、捻挫かなにか、、、かな。
とりあえず、湿布を貼って様子を見ることに。

そして次の日。
まだ痛い、、、みたいだ。
病院に行く?って聞いたら、
痛くなくなってきた~~って(^^;)
ほっておいて、ひどくなってから病院に行ったら、
もっと大変な治療になるかもよっとかなんとかいろいろ言って、
連れていきました、整形外科。

そして、
待たされること1時間半、、、
眠気ピークに達したところで、ようやく順番が(>_<)

「なになに、痛いの?
でもレントゲン見ても、全然問題ないねー
身体柔らかい人は多少のことなら大丈夫なのよ。
少し靭帯痛めたのかな~
だってここは痛いでしょ?
あれ?でも内出血してないねー
ま、癖になっちゃうとマズイからねー
しばらく安静にしててね~」・・・って。

お医者さんの言葉を聞くまで、
やや深刻な顔をしていた息子の顔も、
いつも通りのケラケラ笑っている顔に(^^;)


ひと安心だ(^.^)

あらためて、何事も気の持ちようなんだなーと。
気持ち次第で変えられることって
きっとたくさんある。
ならば、
より明るい方向を向いていないと損だな、、、と。

それはそうと、、、
お医者さんの言葉の威力って、無敵だわ~(*^^*)