素敵なカフェとの出会いから気づかされたこと

今日は、高校生の娘と前々から気になっていたカフェに♪

天井が高くって、広々~とした店内は、
入ってすぐに、心地良いムードを感じとれる素敵なお店。
スタッフの出すぎず出なさすぎずの親しみやすい対応も、
絵に描いたようなカフェのゆったりとした空気感を演出している。
客席間も広くて、周りのお客さんが気にならず。
、、、これは広い北海道ならではなのかもしれないけど。

「いいかも~♪」と、娘と二人でニンマリしながらメニューを広げた。

自家製ケーキ&アイスティーを注文。

待たせすぎずな感覚で運ばれてきたケーキの、
オシャレ~に盛り付けられたプレートにまずは目で見て満足。
そして、美味しい~~♪

こんなお店なら、
友だちや家族とゆっくりおしゃべりするもよし、
大事な話でも、軽く楽しい話でも充実した時間を過ごせそうだな。
ひとりで読書なんかでもいいかも。

こういう空間を提供できるって素敵だと思う。
スタッフ自らこの空間に馴染み、楽しんでいるようにも見える。

帰宅してからHPを見てみたら、
「実家」にいるようなくつろぎを・・・って。

なるほど~
わかる、わかる。
目指すところが納得できる。

そして、
OPEN以来、少しづつ手を加えてきたらしい。

食で空間を演出することって、
きっと流行り廃りが激しくて、
なかなか難しいだろうなと常々思っていたけど、
今日のような自らの変化を楽しんでもらうというスタンスのお店に出会うと
気づかされることがたくさんある。

素敵なお店。
また行ってみようかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする