行動することでひらける未来 ~断捨離から気づいたこと

今すぐやってみるか、
あとで、にするか、
ふ~んってスルーするか。

あとで、、、が圧倒的に多いんだな、私。
だから、決してやる気がないわけじゃない。
でも、やる気満々ってわけでもない(^^;)

すぐやらなきゃってわかっていても、
あれやってから、、、とか、
これが終わってから、、、とか。
なんだかんだ理由をつけて「あとで」にする。

その「あとで」は果たしていつなのか???

そして、
「やってみよう、、、あとで」って、
何回も繰り返すことに・・・

こうじゃないと理解しているつもりでも、
やれてないとは、できないと同じ。
結局できない期間が長ーくなってしまうんだ。

・・・とハッキリと自覚したのが、実はつい最近。

私って、アラフィフだったんだって改めて思った日。
なんだかいろんなものをぶら下げて生きているような気がした。
それらはみんなぐちゃぐちゃに絡まりながら、私にぶら下がっていた。
これが私の歴史か?と。

整理整頓してみようと思った。
棚卸するみたいに。
そして、たどり着いたのが断捨離。
目に見えるモノから、片付けていくうちに、
必要なモノとか、大切なことが少しづつ見えてきた。

そして気づけば、、、
何事も「あとで」にする意味がなくなっていた。

今からはじまる未来だけをみる充実感って、心地いい。

さてと、次はなにをしようかな(*^-^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする