無限に存在する「あたりまえ」の基準 ~習慣づけるには環境整備を

「あたりまえ」の基準って、人それぞれ。

例えば、、、
誰かに言われたことを、そのとおりにきっちりやるのが「あたりまえ」、とか
いやいや、
忙しくても、たとえ失敗しても、
何事も自分の頭で考えて行動するのが「あたりまえ」、とか。

まるっきり逆の方向見ながら、
同じ言葉を吐いていたりして。

なんでこんなことが起こるんだろうか・・・

人の種類ってことかなー

なりたい自分があるなら、
それにより近い環境にいけばいい、
そうしたら、、、
それが「あたりまえ」になるから。

なるほどー

習慣づける環境を整えるべし、、、ってことか。

そりゃね、
志を同じくしている人とか、
自分に似た感覚を持っている人とか、
いわゆる馬が合うとか。
そういうなかにいると
どこか安心したり、ワクワクしたり♪
難しそうからできないかもしれないと思っていたことでさえ、
なぜかあっさりと簡単にできちゃったりして、、、
流れにうま~く跨がれるプラスの蒸気が発生してそうだもんね。

逆に、
「そんなのあたりまえだっ!」と何を血迷ったのか
自分の価値観に自信を持ちすぎちゃってる風の発言を聞くと、
目を逸らして一線引いときたくなっちゃうなー

・・・要するに、
「あたりまえ」は、人の数ほど無限にあるってことか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする